本作の決め台詞やボツ原稿、詩やアーカイブをピックアップしています。
お気に入りが見つかれば幸いです❤

自分では十分強いつもり。
人一倍努力して、辛苦も乗り越えたつもりだったが、
あのタワーデリックに比べれば、吹けば飛ぶような灰燼に感じる。

アルはよく言ってたわ。石に意思があるなら、それはどんな事をしても持ち主の所に帰ろうとする。宇宙の意思は人間の思惑よりはるかに強い、と。
思えば、ダニエルが川床で石を見つけた時から、私たちは皆、石の囚われ人だったのかもしれない。
──いえ、歴史を遡れば、ネンブロットの奥深くでニムロディウムが見つかった時から、人間は石の奴隷なのよ。
そして、これからも、そこに含まれる一グラムにも満たない化学物質の為に競い、殺し、欺し合い、訳も分からぬままこの世から消えてゆくでしょう。
だけど、人類が滅び去ったその後も、石は何一つ変わることなく、宇宙を構成する物質の一つとして、何百万年、何千万年と存在し続ける。
人の命も、人の世も、本当に束の間の輝きだと思うわ。

– ダナの言葉

一人でも多くの関係者に会って、しっかり話をなさい。
一人で閉じていても、物事は決して前に進まないから。

– メイファン女史からヴァルターへ

いつかこの堤防も再建され、美しいポルダーが蘇る日も来るでしょう。
luctor et emergo(私は闘い、水の中から姿を現す)。
そこに踏みしめる大地がある限り、我々は何度でも立ち上がることができます。
『水を制し、土地を現す』ということは、自らの『La vie:(life=人生・生活・生命)』を勝ち取ることなのです。

「人間とは乗り越えられるものだよ」と教授は言った。
「創造的であることが、あらゆる苦悩から我々を救ってくれる。
傷つき、悲しむ自分を恥じなくなった時、本当の意味で君は悲劇から自由になれる」

『amor fati (運命愛) 』だよ、ヴァルター。
己が人生を愛せ。
どんな運命を生きることになっても、自分の人生を愛するんだ。
それが君の魂を永遠に幸福にする。

たとえ、お前が世界を変えるアイデアを持っていたとしても、それを口にしなければ誰にも伝わらない。
だから勇気をもって話してみよう。そうすれば心ある人は必ず耳を傾けてくれる。
そして、それが価値あることなら、いつか形になる。
お前もいろんな可能性をいっぱいに秘めた海なんだよ。
もっと自分の力を信じてごらん.

沈む夕陽も海の向こうでは朝日になる。
この世に終わりも始まりもなく、すべてのことは形を変えながら永遠に廻る.

「お前、それはただのホームシックじゃないのか」
「ホームシック? 俺が?」
「そうだ。僕にも覚えがある。移住して最初の一年は新しい刺激に夢中になるが、二年目、三年目になると、無性に生まれ故郷が懐かしくなって、帰国することばかり考えるようになる。僕にも覚えがあるが、何を見ても故郷のアルクマールが思い出され、チーズを見ただけで涙が出てくるんだ。病的だったよ。だから、お前も、もしかしたら「帰りたい」んじゃなくて、帰ることに憧れてるだけじゃないか。帰れば幸せになる──という幻想があるんだよ」

「人間はね、生のままの姿が一番美しいの。何も隠すことなんてありはしないのよ」

— 裸足のアフロディーテ

好きに生きるだけが人生ではない。
決められた役割を全うするのも、同じくらい尊い。
たとえ彼女が運命の囚われ人としても、誰がそれを否定できるだろう。
打ち上げパーティーの『La Mer』や、プラットフォームの取材や、彼女なりに皆の役に立とうと一所懸命に頑張っている姿を思い出し、俺は何かにつけ余りに身勝手ではないかと思った。

お前が何をどう頑張ろうと、この世のことは人次第だ。
人を動かさぬ限り何も変えられない。

この記事を書いた人

石田朋子

作家・文芸愛好家。80年代サブカルチャーの大ファン。科学番組の全盛期に子供時代を過ごした影響でSFを書いています。モットーは『Newtonから月刊ムー』まで。文芸とサイエンスを融合した新しいスタイルの作品を手掛けています。

運命はただ試すだけ

海洋SF MORGENROOD 《曙光》

上・下巻ともKindle Unlimitedにて配信中。
メンバーなら課金ゼロで読み放題です。
購入された方には読みやすいPDF版を無償で差し上げています。お気軽にチェックして下さい。