PDFの無料サンプル(上巻・下巻) 試し読みする

意味が無くても、名無しでも、みんな生きてる ~君に深海を見せたい理由

海と恋の物語
潜水艇パイロットのヴァルターは、耐圧殻からの実況を条件にウェストフィリアの深海調査を引き受けるが、ファルコン・マイニング社の代理人であるオリアナは彼の申し出を無視し続ける。同僚のゾーイは「誰も深海の実況など興味ない」と主張するが、「君は『面白くないこと』の先は見ようとしない」とヴァルターは深海調査の意義を説く。
目次

【科学コラム】 深海 もう一つの宇宙

なぜ深い海の底を調べるのでしょう。それも数千メートル隔てた暗黒の世界です。
私たちが『世界』として見ているのは、惑星表面を覆う地殻の、ほんの3割ほどでしかありません。
たとえば、ハワイのマウナケア山は、標高4205メートルですが、海底からの高さは10,203メートル、実体はエベレストよりも巨大な山です。しかし、大半が海面下に没している為、私たちの目には、「エベレストが世界一高い山」に映ってしまうのです。

実際、海面下には、地上の山に匹敵するような、高い海山がたくさん存在します。
もし、海水がすべて干上がってしまったら、私たちは、ヒマラヤ山脈より、もっと険しい山並みを目にすることができるでしょう。

そして、今、私たちが立っている大地の全容が、実際にはどうなっているのか、詳しく知ることが、地上の火山や地震の仕組み、果ては未来の地球の姿を知ることに繋がるのです。もし私たちが、かなりの確率で、噴火や地震を予測することが可能になれば、人命を救うこともできるでしょう。

それは果てしない道のりかもしれませんが、研究を積み重ねれば、いろんなことが明らかになるでしょう。

全ての鍵は、果てしない水の底にあるのです。

【小説の抜粋】 なぜ深海を君に見せたいのか

ウェストフィリア島と近海の鉱物資源を探査する為、ウェストフィリア開発公社の命を受けて、リズの又従妹のオリアナが深海調査のオファーにやって来る。

開発公社の最大の出資者が悪名高い鉱山会社ファルコン・マイニング社であることから、ヴァルターは訝るが、一方で、ウェストフィリアの鉱物資源が大きな利益をもたらすこと、潜水艇の新米パイロットの境遇が厳しいことから、調査を引き受ける。

その条件として、潜水艇からの実況を申し出るが、オリアナは彼の要望を無視し、のらりくらりと返事をかわす。

その事を知った同僚のゾーイは、何故そんなに潜水艇からの実況にこだわるのか、どうせ面白いものは何も無いのに……と言うが、ヴァルターは「君は面白くないものの先は見ようとしない」と、実況の意義について言って聞かせる。

このパートは『第四章・ウェストフィリア(深海調査)』の抜粋です。作品詳細はこちら

彼は自分のパーティションに戻ると、黙って作業を続けた。

しばらく双方のパーティションからカタカタとキーボードを打つ音がして、重苦しい雰囲気だったが、五分ほどして「ゾーイ」と彼がパーティションの向こうから声をかけた。

「なに?」

 ゾーイが自身のモニターを見つめたまま生返事をすると、

「俺が潜航調査を実況したいのは、君が二言目には『面白くない』と言うからだよ」

「どういうこと?」

「君は海のことをよく知ろうともせず、『面白くない』と切って捨てる。『面白くないこと』の先は見ようとしない」

「それを私に知らしめるために、わざわざ実況を企画するわけ? 関係者にけんもほろろに断られても?」

「そうだよ」

「冗談でしょう」

「本気だよ」

「どうしてなの?」

「君は前に言ってたな。どんなに一所懸命に生きても、自分は決して日の当たる場所で栄光に浴することはない。幸せでない人間にと
って、生命がどうだの、生きる価値がどうだの、そんなことはどうでもいいと。でも、価値観も揺るがすようなものを目にしたら、多少は見方が変わらないか」

「それと深海調査にどんな関係が?」

「深海の生き物を見れば分かる。意味が無くても、名無しでも、みんな生きてる。中には未だに存在に気付かれないものもいる」

「それはステラマリスの話でしょう。ウェストフィリアの海に潜っても、何も無いと思うわよ」

「何も無いことはない。ウェストフィリアの海だって生きてる。生きているから、ここには地熱があり、嵐が起き、深海にも様々な鉱物が生成されるんだ」

「それで私の価値観が変わると本気で思ってるの?」

「一度は見せてやりたい。君にも幸せになって欲しいから」

「……どうして?」

「君に多少なりと愛情を持ってるからだよ。affectionってやつさ」

「affection」

「そう、affectの名詞形」

「affectにもいろんな意味があるわ」

「じゃあ、一番いいのを当てはめればいい。君がどんな風に解釈しても、俺は困らないよ」

 ゾーイはしばらく固まっていたが、モニター上のグループ・チャットに素早くメッセージを打った。

【リファレンス】 深海のダイナミズム

海洋に浮かぶ島々がどのように生成されたかアニメーションで分かりやすく解説。
地球のダイナミズムを間近に感じる海底火山が圧巻。

ダイナミックな海底火山の噴火。陸地の成り立ちを垣間見ることができます。

世界で最も新しい島々。いずれも海底火山の噴火で海上に姿を現しました。

こちらは深海での海底火山の噴火をとらえた貴重な映像。陸上に暮らす私たちの目には決して見えませんが、世界中の海の底で、このように活発な地殻活動が繰り広げられているのです。

世界の最深部、マリアナ海溝の概要と、そこに棲息する不思議な生物を紹介。

20世紀は、通信技術や水中技術も十分ではなかったので(照明もハロゲンライトだった)、深海=真っ暗 のイメージがありましたが、今は照明もLEDライト、通信も光ファイバーなどを用いて大容量データの送受信ができるようになり、以前とは比較にならないほど色鮮やかな映像や画像が取得できるようになりました。

こちらの映像にも、数種の機材を用いたバブルの採取や、鉱物サンプルの採取の様子が記録されています。

Hydrothermal Vent = いわゆる「熱水噴出孔」です。
Ventの一つ一つに独自の生命圏が形成されています。
美しいですね(^^)

よかったらシェアしてね!

Kindle Unlimited (読み放題)

この作品を書いた人

石田朋子のアバター 石田朋子 サイト管理人

作家・文芸愛好家。80年代サブカルチャーの大ファン。1998年よりWEB運営。車とパソコンが大好きな水瓶座。普段はぼーっとしたお母さんです。東欧在住。

目次
閉じる