MENU

優しさとは相手の心に寄り添う気持ち

目次

【小説の抜粋】 優しさとは相手の心に寄り添う気持ち

淋しくないのか、留守を任せられる友達はないのか、いろいろ聞いてみたいが、それも憚られる。

心の奥深くに立ち入ろうとすれば、この人はたちまち口を閉ざして、彼女のことも遠ざけるにちがいない。

潜水艇パイロットであるヴァルターと、カリスマ経営者の娘リズが、ヨットクラブ『サフィール』の庭園で逢瀬し、互いのことを打ち明ける場面で使用。

大洪水で生家と最愛の父親をなくし、自分の居場所もなくしたヴァルターのささやかな夢は「クラゲを飼うこと」。

だが、年中、海に出る為、生き物を飼うことはできない。

その理由を知ったリズは、彼の孤独な境遇を察し、上記のように思いやる。

他人の言動に、「なぜ ?」「どうして ?」と無遠慮に踏み込むのは一番相手を傷つける。

何でも話を聞けばいい、困っていれば、アドバイスすればいい、というものでもない。

時には何も言わないことが相手の救いになることもある。

賢い女の子は、やみくもに自分の意見を押しつけたりせず、相手の心情を汲み取るのが得意。

優しさとは「○○してあげる」という自己満足ではなく、相手に併せて、心の中で寄り添うこと。

【心のコラム】 うお座の女の子と女性らしさ

リズ(エリザベス・マクダエル)は、みなみのうお座星域では縁起が良いと言われる、うお座生まれの女の子だ。

うお座の特徴は、「感受性」「優しさ」「想像豊か」「ロマンティック」

可愛い女の子の特徴をぎゅっと詰め合わせたようなパーソナリティが浮かぶ。

筆者のホロスコープも、愛の星=金星がうお座にあり、愛し型は太陽星座の水瓶座よりもうお座に近いといわれる。

うお座というのは、何かと感じやすい性格で、悪い方に傾けば、くよくよ、神経質、心配性と、重たくなるが、良い方に働けば、相手の心情を汲むのが上手い、優しいパーソナリティを育むことができる。

ホロスコープ的には、ヴァルターは8月15日の獅子座生まれで、うお座のリズは90度(スクエア)の関係。

微妙な間柄ではあるが、男性が獅子座で、女性が魚座の場合は、英雄タイプの男性に心優しい女性が尽くすことで、上手く行くようだ。

ところで、女の子らしさとは何だろうか。

ずばり、想像力

この一言に尽きると思う。

一般に、思いやり、優しさ、ロマンティックと言われるものは、全て想像力から発するものだし、美や個性も想像力の中で育まれる。

想像力とは、心の源泉であり、世界を夢見る為の翼でもある。

女の子と想像力の相性がいいのは、突き詰めれば、子育てに繋がっていくからだろう。

想像力を欠いたものに、子供は育てられない。

いわば、想像力とは母性の一部であり、オギャアと生まれた時から、可愛いオモチャやごっこ遊びで想像力を開花させるのは、DNAに組み込まれた性みたいなものなのだろう。

そしてまた、想像力は、計算力や語学力と異なり、伸ばそうと意図して伸びるものではない。

メソッドもなければ、ドリルもなく、ひたすら胸の内でワインのように醸成されるものだ。

その過程で、人を幸せにする悦びを知れば、想像力はいっそう豊かになるし、嫌な経験をすれば、想像力も退行し、人間も閉鎖的になっていく。

想像力は計算や語学と異なり、数値に表して評価することができないので、ついつい粗末に扱われがちだが、自己肯定感や対人能力を高める為に不可欠であり、決して後回しにしてはならないものだ。

むしろ、その他の能力よりも優先的に育み、人生のなるべく早いうちに、想像の翼をはためかせる素晴らしさや、人間社会における高徳を体験すべきものである。

その点、女の子が、もって生まれて想像力豊かなのは、この社会を生きる上で大きなアドバンテージであるし、長い目で見れば、生きる力の源泉ともなる。

いわば、女性らしさとは生命力そのものであり、思いやりや優しさもその中に含まれる。

リズは一見、シャイで、不器用で、自我の強いヴァルターに振り回されるような存在だが、その実、あれほどの俺様エネルギーをがっつり受け止める器もある。

その強さはどこから生まれるのかといえば、うお座の女の子らしい優しさであり、人の心に寄り添うのも、自分がどう振る舞うべきか考えるのも、想像力がなければ、できないことなのだ。

Kindle Unlimited (読み放題)

目次
閉じる