PDFの無料サンプル(上巻・下巻) 試し読みする

『これが生だったのか。それなら、よしもう一度!』 自己肯定と魂の幸福 ・ニーチェの哲学より

海と恋の物語
永劫回帰とは、もう一度、この人生を生きてもいいと思えるほど、自分自身と自身の生を愛する気持ちです。自己肯定の大切さを説いたニーチェの名著『ツァラトゥストラ』をモチーフに、死にたい子供にいかに生きる希望を与えるかというエピソードを紹介。
目次

【哲学コラム】 自分に『よし!』と言えますか?

人間がこの世で生きていく上で、一番辛く感じるのは『劣等感』ではないでしょうか。

周りを見回せば、社会的にも、能力的にも、自分より優れた人はたくさんいますし、容姿、財産、住まい、肩書き、アップロードした写真や「いいね」の数まで、比較すればきりがありません。

それは時に妬みや絶望となって心を蝕み、本来、その人が持っている能力まで損ねてしまいます。

本作では『言葉の問題』にフォーカスして、生きる自己肯定について説明しています。

息子ヴァルターの言葉の問題に気付いたグンターは、「今直さなければ、将来落ちこぼれて、大変な不幸になる」と考え、あちこちの医療機関や児童施設を訪ねて回ります。それは決して強制や否定ではなかったのですが、結果的に、息子の気持ちを傷つけ、悪い方に追い込んでしまいます。

そして、ようやくオステルハウト先生という理解力のある先生に巡り会い、問題克服の突破口が開けるのですが、身内の中で改善しても、社会に出れば否応なしに周りと比較され、苛められます。

劣等感に苛まれ、生きる自信を無くしたヴァルターは「死にたい」と言い出して父親を慌てさせますが、それに対して『自己肯定』の精神を説いたのがお祖母さんでした。

自己肯定の精神は、代々、読み継がれたニーチェの著書『ツァラトゥストラ』のテーマでもあります。

「この人生をもう一度生きてもいい(永劫回帰)」と思えるほどに、自分自身と生きることを愛する。

それが本当の意味での問題解決=自己超克だと、悩むグンターに言って聞かせるのです。

そして、そのことをヴァルターにも伝えようとしますが、小さい息子に永劫回帰の思想など分かるはずもありません。

そこで『永遠の円環リング』という一つの比喩を用いて、永劫回帰の考えを教えようとします。

それが後々、『円環の海洋都市=リング』という形に結晶するのが本作の主旨です。

人生に正解はない……と言われますが、自己肯定できる人生と、できない人生の間には大きな開きがあります。

たとえ言葉に問題があっても、容姿や能力で他より劣ろうと、自分で自分に「よし」と言えて、もう一度、生きてもいいなと思えるほど、その人生を楽しむことができたら、それは何ものにも脅かされることのない、最高の幸福ではないでしょうか。

あわせて読みたい
『ツァラトゥストラ』で読み解く ニーチェの『永劫回帰』と『生の哲学』 - Novella 文芸コラムと作品集難解と言われるニーチェの『永劫回帰』も「海と太陽」に喩えれば分かりやすい。自己を肯定し、意思もって生きることの大切さを説いたニーチェの生の哲学の集大成を分かりや...

【小説の抜粋】 魂の幸福とは、自分自身を肯定し、生きることを悦ぶ気持ち

突然、誰とも話さなくなり、場面緘黙症、あるいは難読症と診断され、普通の学校に通えなくなったヴァルターは、優れたスピーチセラピスト、オステルハウト先生の指導により、幾多の問題を克服する。しかし、学校で待ち受けていたのは、彼のしゃべり方を揶揄するイジメだった。グンターは、「死にたい」と嘆く息子をどう力付ければいいのか、カールスルーエの母に相談する。

前のエピソード
https://morgenrood.com/self-respect

このパートは『第一章・運命と意思』の抜粋です。作品詳細はこちら

しかしながら、子供の回り道は大人が思うほど単純でもない。ほんの一年でも、子供にとっては何年分もの開きがある。

まず担任教諭にテキスト読み上げスキャナーを補助的に使用することについて許可を得なければならないし、どこまで使用可能か、細かい取り決めも必要だ。テストは別室で一人で受けることもあり、好奇の目で見られることもある。なまじ読んだり書いたりできる為に、スキャナーを使えば怠け者とみなされ、本当に必要性があっても言い出しにくいようだ。

その上、発音がおかしいのを悟られまいとして余計につっかえたり、早口になったり。オステルハウト先生の教室で楽しくお喋りするようにはいかない。それがまた自信喪失に繋がり、状況は一進一退だ。

今まで通り特別支援学級でのんびり学習させた方が良かったかと思うが、それはそれで余りに周りと理解力が異なり、必ずしもベストの選択とはいえない。

そうして夏が過ぎ、秋が過ぎ、いつもの厳しい冬が訪れると、ヴァルターはいつになく沈み、家の中でも塞ぐことが多くなった。何かあったのかと尋ねても、「別に」と首を振るだけで、口を開こうともしない。

近頃は身体の鍛練を兼ねて、冬でも海岸を散歩するのが日課になっていたが、その日は零下十度を割り、凍えるような寒さだった。あまりの北風の強さに今日は無理と判断し、海に向かう途中で「帰ろう」と踵を返したが、ヴァルターはそんな父親の腕を掴み、「冬の海が見たい」と言う。

「いくらなんでも今日は無理だよ。肺炎でもこじらせたら大変だ。もう少し暖かい日に行こう」

だが、ヴァルターはぶんぶんと頭を振って、絶対に帰ろうとしない。いつものことだが、こうなると信じられないほど強情なのだ。

二歳の時も、庭先のブランコで唖然とさせられた事がある。

夏期休暇中の月曜日、アンヌ=マリーは気晴らしにデパートに出掛け、ヴァルターと二人で留守番をすることになった。二歳児ながら一日のスケジュールはきっちり決まっていて、少しでも段取りが違うと腹を立てたり、泣いたりし、一日を最初からやり直そうとする。

その日も「昼食の後はブランコ」と聞いていたが、あいにくの雨模様。「今日は土砂降りだから、ブランコは無理だよ」と諭しても、絶対にブランコに乗るといって聞かない。しまいに廊下に大の字になり、書斎のドアをどんどん蹴って「ブーラーンーコー!」と騒ぎ出した。いいかげん気が狂いそうになり、カッパを着せ、長靴を履かせて、大雨の中、リンゴの樹の下まで連れて行き、「ほら、ごらん。雨でびしょ濡れだ。こんなのでブランコなんか乗れるわけがない」と見せたが、ヴァルターはすたすたとブランコに腰掛けると、ずぶ濡れになりながら、ギィコギィコと無言でブランコを漕ぎ始めたのである。

(な……なんて強情な子だ……)

買い物から帰って来たアンヌ=マリーに一連の出来事を話すと、「そういう時は、『まあ、大変! 雨でブランコが故障だわ。明日の朝、お父さんに直してもらいましょう』と言うのよ。故障と分かれば納得するの。あの子に物を言い聞かせるには、ちょっとしたコツがいるのよ」

そこまでの機転はグンターには無い。

そして今も、息子自身が納得しなければ、家に帰るとは言わないだろう。

仕方ない。極寒の北海がどれほど厳しいか、身をもって体験すれば分かるだろう。グンターはヴァルターを連れて、海岸に向かう道を黙々と歩きだした。

海岸に近付くにつれ、強風にはみぞれが混じり、目も開けていられない。それでも堤防を越え、砂浜まで来ると、狂ったように打ちつける白波を見ながらヴァルターが言った。

「父さん。冬の海は何分くらいで死ぬの」

「は?」

「カールスルーエのお祖父ちゃんが『冬山で遭難したら眠るように死ぬ』と言ってた。でも、ネーデルラントには山は無いから、海で死ぬしかない。でも、俺は泳ぎが得意だから、夏の海では無理だ。死ぬなら、冬の海と決めてるんだ」

「な……何を訳の分からないことを言ってるんだ。死ぬだの、遭難だの、縁起でもない。まったく、カールスルーエのお祖父ちゃんもろくなことを教えない」

「そんなことはない。『オーシャン・プラネット』でもやっいてる。生き物はいつか死ぬ。だから、俺も冬の海で死ぬんだ」

「馬鹿なことを言うんじゃないよ。人間には人間の生がある。ゾウや魚みたいに死ぬわけじゃない」

「でも、死んだ方がいい」

「なんだって?」

「俺みたいな人間は生きていても仕方ないからだ。冬の海なら一瞬で凍るだろ」

「ヴァルター。そんな悲しい事を言わないでくれ。お前が死んだら、僕も、お母さんも、カールスルーエのお祖父ちゃんも、とても淋しいよ。死んだら、サッカーの試合も見られないし、お前の大好きなバームクーヘンも食べられない。死んでも、何も楽しいことなどありはしないよ」

「でも、死にたい」

「どうして」

「俺は頭が悪いからだ」

「ヴァルター……」

「皆に言われる。俺は頭が悪いから、文字も読めないし、喋り方も変だと。俺の鼻の奥にはエンドウ豆が詰まっていて、鼻くそみたいに臭いらしい。毎日洟(はな)もかんでるし、歯磨きもしてるのに、鼻くそと言われる」

「そんなひどい事を言う子がいるのか……」

「それだけじゃない。この前も隣のクラスの子に言われた。父さんがキャベツばっかり食べてるから、俺の頭もキャベツみたいに発酵してるって。ちゃんとオランダ語で喋ってるのに、何度もわざと聞き返したり、『ドイツ語で喋るな』と詰られる。俺もネーデルラントの人間なのに、いつもドイツ人に間違えられて、俺だけ違う海を彷徨ってるみたいだ。もう、こんなのイヤだよ。どこか遠くに行きたい。カールスルーエのお祖父ちゃんの所がいい」

「いつか自分の文化に誇りが持てるようになれば、そんな悪口は気にもならなくなるよ」

「そして、どうなるの? 一生、どこの誰でもない、中途半端な混ざり物みたいに生きていくの? 父さんは何でも完璧だから、俺の気持ちなんか分からないんだよ。でも、俺はこれからもずっと鼻くそと言われて、大人になっても多分直らない。ドイツ人でもない、ネーデルラント人でもない、キャベツ頭とバカにされ、一生鼻くそ呼ばわりされるぐらいなら死んだ方がましだよ」

「オステルハウト先生は、君の能力は発音ではなく、理解力にあると言ってたじゃないか。君は何でも本質を掴むのが早い。恒星と惑星の違いも、潮汐と月の引力の関係も、うるう年の仕組みも、小学校に上がる頃には理解してた。たった一度、『ザ・ユニバース』を見ただけで、なぜ恒星間飛行が可能になったか、大要を把握したじゃないか。鼻の奥のエンドウ豆ごときで、君の知性は損なわれたりしない。人生に必要な知恵と力が身に付けば、いつか絶望より理知の方が勝るようになる」

「そんなのウソだよ。恒星系の仕組みが理解できても、喋り方が変だと馬鹿にされる。大人になっても鼻くそと嘲られるぐらいなら、死んだ方がましだよ」

ヴァルターは身体を震わせて「死にたい、死んでやる」と泣きじゃくり、グンターもそんな我が子をひしと抱きしめるばかりだ。

数日後、カールスルーエの母がヴァルターの大好きなバームクーヘンやシュネーバルドイツの揚げ菓子をいっぱい送ってくれた。御礼の電話を入れた際、海での出来事を話すと、母がおもむろに言った。

「《地上に生きることは、かいのあることだ。ツァラトゥストラと共にした一日、一つの祭りが、わたしに地を愛することを教えたのだ。『これが――生だったのか』わたしは死に向かって言おう。『よし! それならもう一度』と》」

グンターがはっと顔を上げると、母はさらに暗誦を続けた。

「《おまえたちがかつて『一度』を二度欲したことがあるなら、かつて『おまえはわたしの気に入った、幸福よ、刹那よ、瞬間よ』と言ったことがあるなら、それならおまえたちはいっさいのことの回帰を欲したのだ。おまえたち、永遠な者たちよ、世界を愛せよ、永遠に、また不断に。痛みに向かっても『去れ、しかし帰ってこい』と言え。全ての悦楽は――永遠を欲するからだ》」

それから席を立ち、居間の書架から一冊の古びた本を取ってくると、背表紙をカメラに近づけた。

《Also sprach Zarathustraツァラトゥストラはかく語りき*28》

「あなたは最後まで読んだことがなかったでしょう。中学生の頃、最初の数ページを繰っただけで、『僕、こういうの苦手だ。くどくど五月蠅い感じがする』とすぐに書架に戻してしまったから。ワーグナーが好きなら、いつかこの本にも手を伸ばすだろうと期待してたのだけど」

「すっかり忘れてたよ」

「そうね。あなたも読まないし、お父さんも読まない。ミュンヘンの家族もほとんど興味がない。唯一、愛読していたのは巨人族のお父さま。つまり、あなたのお祖父さんよ」

「意外だな。僕の記憶では、政府の機関紙やビジネス書ばかり読んでいた記憶があるけど」

「そうね。お年を召してからは、実用的な読み物ばかりだったものね。でも、私がここに嫁いできた時、どうしてだか居間の本立てにあったの。お好きなんですか? と聞いたら、『若い時にな』って。なんだか気恥ずかしそうだったから、それ以上は聞かなかったけど、相当入れ込んだ時期があったんじゃないかしら」

「我が家では忘れ去られた書物なんだね」

「皆がそれぞれに幸福で、生きる知恵に長けていたからでしょう。あなただって、そこまで自己を探求したことはないはずよ。哲学や自己啓発の本を読み漁ることもなければ、思索や創作に耽ることもない」

「高校の時、父さんと喧嘩したぐらいだよ」

「でも、ヴァルターは違う。多言語の環境に育って、ドイツ名のオランダ人。両親も地元の人ではないし、子供にとっては辛いハンディもある。自分だけ皆と違って、どこの誰でもないような疎外感を覚えるのでしょう。口に出さないだけで、自分は何ものか、どうすれば周りに認めてもらえるのか、ずっと心の中で考えているはずよ」

「僕はどう力付ければいい?」

「この本に書いてあることを教えてあげればどうかしら。魂の幸福とは、自身を肯定し、生きることを悦ぶ気持ちだと」

「自身を肯定し、生きることを悦ぶ……」

「あなたは以前からあの子の言葉の問題を直そう、直さなければと躍起になっている。その気持ちは理解できるし、訓練次第で改善するのも本当でしょう。でも、直らないからといって、あの子の価値が半減するわけでもない。肝心なのは、受け入れること。言葉に不自由しようが、周りに誤解されようが、『それでよし!』と思える気持ちでしょう」確かにその通りだ。たとえ言葉の問題を克服しても、周りと見比べて「駄目だ」と落ち込むようでは、魂の幸福など永遠に訪れない。

「でも、どうやって教えればいい? 僕でさえ自分自身を肯定するのは難しい。いつもこれで良かったのか、他にもっとやりようがあるんじゃないかと落ち込んでばかりだ。こんな状態で、あの子に肯定の気持ちなど教えられるわけがない」

「あなた、自分の仕事はどうなの? 上級技師の資格試験を受けると言って、まだ受けてないの?」

「そんな余裕はないよ。スピーチセラピーの送り迎えに水泳教室、散歩にサッカー、図書館の読書会、夜はあの子の勉強を見るのに精一杯だし、土日もいろんな遊びを考えて、あの子を楽しませて……」

「驚いた。それじゃあ、自分の時間など一分もないじゃないの。朝から晩まであの子にくっついて、面倒ばかり見ているの?」

「だって、今が一番大事な時期だし、僕かアンナが側に付いてないと、すぐに心が塞いで、閉じこもってしまうから」

「気持ちは分かるけど、それではあなたもアンヌさんも気持ちが参ってしまうでしょう。あの子の面倒を見るのを心底楽しんでいるならともかく、あなた方だって、多少は負担に感じているのでしょう」

「……」

「たまにはアンヌさんと二人で食事に出かけたり、ドレスアップして劇場に出掛けたり、自分たちの人生も楽しんではどうなの」

グンターはここ数年、遊びらしい遊びも体験した事がないのに気付いた。夫婦で出掛けても、学校だったり、スピーチセラピーだったり、真ん中にはいつもヴァルターがいて、それ以外の娯楽など考えたこともない。

「子供は親の幸せそうな姿を見て、人生の楽しみ方を学ぶのよ。あなたが自分に懐疑的で、迷ってばかりなのに、どうしてあの子に肯定の気持ちを教えられるの? このまま上級試験も受けず、第二次デルタ計画に参画する目標も達成せずでは、それこそ本末転倒でしょう。あなたの人生あっての、あの子じゃないの。この本も送ってあげるから、少し自分たちの生き方を見つめ直してごらんなさい」

数日後、母から本が届き、グンターは寝床の中で一ページずつ読み始めた。いつもベッドに入る頃にはくたくたで、読書する余裕もなかったが、数分でも本に触れると、ずっと見失っていたものが心に呼び覚まされる。

《わたしはあなたがたに超人を教える。人間とは乗り越えられるべきものである》

《人間において偉大な点は、かれらがひとつの橋であって、目的ではないことだ。人間において愛しうる点は、かれが過渡であり、没落であるということである》

《創造――それは苦悩からわれわれを解放する大いなる救いであり、生の軽快化である。だがまだ、創造する者が生まれ出るために、苦悩と多くの変身が必要なのである》

《創造する者とは、人間の目的を打ち立て、大地に意味と未来を与えるものである》

《いまはまだ一切が眠っている、とかれは言った。海も眠っている。海は眠りに酔い、未知の者を見る目つきで、わたしのほうを見ている。しかし、それにもかかわらず、海はあたたかく息づいている。それをわたしは感ずる。わたしはまた海が夢みていることも感ずる。海は夢みながら、堅いしとねの上で身を輾転させているのだ》

《わたしはわたしの目標をめざす。わたしはわたしの道を行く。ためらう者、怠るものをわたしは飛び越そう。こうして私の行路はかれらの没落であるように》*29

グンターはいつしか自分自身が夢中になっていた。学生時代、なぜこの本に見向きもしなかったのか不思議なくらいだ。

『生を肯定する』

このシンプルな諦観が、人によっては何故こうも難しいのか。

人は誰でも自分が好きで、自分第一という印象があるが、「自己満足」と「肯定」は違う。肯定は、自分自身にとどまらず、この世の全てを包括した生の賛歌だ。世の中の矛盾も、身を切るような不運も、ありのままを受け入れ、生そのものを楽しむことができる。生を肯定できなければ、何を得ても虚しいし、失敗すれば損に感じるだけだろう。逆に、どれほど周りから劣っても、思う通りに生きられなくても、心の底から『これが生だったのか、よし、それならもう一度!』と思えたら、あらゆる苦悩から解放され、生きることを楽しむことができる。

「だから、ヴァルター。皆と違っても、上手く出来ないことがあっても、君が心の底から『これが生だったのか。よし、それならもう一度!』と思えたら、それが本当の魂の幸福だ。辛いことがあっても、これが自分の人生だと胸を張って生きられるようになる」

「もう一度、何をするの?」

「生きることだ。ewig wiederkehren(永劫回帰)といって、同じ自分、同じ人生を、何度生きてもいいと思えるくらい、この生を愛して悦ぶ気持ちだよ」

「ewig wiede……難しくてわかんないよ」

「じゃあ、こう言おう。Der Ring der Ewigkeit――『永遠の環』だ。たとえば、太陽は海の向こうに沈んでも、また昇って輝きたいと願う。それは太陽である自分自身を悦んでいるからだ。それと同じように、君もこの人生、同じ自分を何度生きてもいいと思えるようになれば、あらゆる苦悩から解放されて、自由になれる」

「俺が何度も生きるの? そんなのイヤだよ、俺、早く死にたいのに」

「そうじゃない、ヴァルター。俺が何度も生きるんじゃない。何度生きてもいいと思えるほど、自らの生を悦ぶという意味だ」

「『悦ぶ』って、どうやって? 毎日、バームクーヘンを食べるの?」

「やっぱり君には難しすぎるかな。じゃあ、こうしよう。これからお父さんの言うことをしっかり頭の片隅にメモするんだ。今は意味が解らなくてもいい。丸ごと暗記して、折に触れ思い出して。そうすれば、いつかきっと人生の助けになる。『グンター・フォーゲルもかく語りき』だ。世界で唯一、君のための哲学書だよ」

それからグンターはいろんなことを語って聞かせた。

創造とは。人生とは。運命愛とは。

ヴァルターは聞いているのか、いないのか、退屈そうに砂に絵文字を描いたり、ぼんやり海を眺めたり、水面に小石を投げたり。時にはあくびをしながら、英語やオランダ語で独り言を言ったりもする。それでも息子の頭にひたすら書き付ける。いつの日か、それが人生の導き手となるように。

「ヴァルター、どうか忘れないで。生きるということは、一つの魂の経験だ。周りがどう思うかは問題じゃない。自分でどれだけ納得できるかだよ。命ある限り、人は何かを為すチャンスを与えられる。そして、人生は一度きりだ。どんな時も、自分で納得がいくよう、精一杯生きてごらん。そうすれば、思う通りにならなくても、辛いことがいっぱいでも、生に感謝するようになる。いつの日か、君が昇る朝日に両手を広げ、『これが生だったのか。よし、それならもう一度』と言えたなら、それが僕と君の魂の幸福だ」

【リファレンス】 ニーチェと永劫回帰について

永劫回帰にもいろんな解釈がありますが、「これが生だったのか、それなら、よしもう一度」の一言に尽きると思います。

名作『ツァラトゥストラ』も、最初は暗いトーンで始まって、最後に、この一言に辿り着く過程が素晴らしいんですよね。

ちなみに当該個所の文章は次の通りです。(ツァラトゥストラ (中公文庫) 手塚富雄・訳

第四章 酔歌

そのとき、この長い驚くべき日のうちで最も驚くべきことが起こった。最も醜い人間が、もう一度、そしてこれを最後として、喉を鳴らし、鼻息をしはじめたのだ。そして、ついにかれがそれをことばにして言ったとき、見よ、かれの口からは一つの問いが、まろやかに、清くおどり出た。一つのよい、深い、明るく澄んだ問いであった。それは耳を傾けたすべての者の心を感動させた。
「わたしの友なるすべての人よ」と、最も醜い人は要った。「あなたがたはどう思うか。きょうこの一日に出会ったために──わたしははじめて満足した。今までの全生涯にたいして。
だが、それだけを証言したのでは、まだ十分ではない。地上に生きることは、かいのあることだ。ツァラトゥストラと共にした一日、一つの祭りが、わたしに地を愛することを教えたのだ。『これが──生だったのか』わたしは死に向かって言おう。『よし、それならもう一度!』と。

永劫回帰とは「この人生をもう一度、生きてもいいと思えるほど」

「これが生だったのか。それなら、よしもう一度!」=永劫回帰の本質は、『この人生をもう一度生きてもいいと思えるほど、自分自身と自身の生を愛する気持ち』です。

それに似たもので、「もはや自分を恥じないこと」(悦ばしき知識)という言葉もあります。

劣等感や虚無感を抱え、死にたいと願う人が多い中、心の底から「この生を、もう一度!」と思える気持ちは、ある意味、最高に恵まれた、最高に幸せな人間の証かもしれませんね。

本作では、言葉の問題と学校での苛めから「死にたい」と嘆く息子のヴァルターに、ニーチェの永劫回帰の思想を説く父親のグンターが登場します。

もちろん、幼い息子に永劫回帰の意味など分かりません。

そこで、グンターは「永遠の環」という言葉に置き換え、たとえ人より劣っても、自分を好きでいる気持ちが大切だと説きます。

そうは言われても、ルサンチマンの塊で、父親の死後、激しい喪失感に陥るヴァルターにはなかなかその意味が理解できません。

何度も自滅の道に向かい、その度に、運に助けられます。

では、いつ、どのような形で、その意味に気づくのか。

それが後半のパートです。

【ギャラリー】 ゼーラント州の海岸と締切堤防

グンターとヴァルターが見つめたと思われるゼーラント州の海岸と締切堤防。

海の向こうに遠目に見えるのが可動式防潮水門。海岸沿いの自転車道は屈指のサイクリングコースになっており、防潮水門を超えて、はるか北の海岸へと繋がっています。

締め切り堤防の天端の遊歩道

オランダ 締切堤防 海岸

フェールダム、および、作中に登場する締切堤防(海岸の盛土堤防を含む)のイメージはこれに近いです。

よかったらシェアしてね!

Kindle Unlimited (読み放題)

この作品を書いた人

石田朋子のアバター 石田朋子 サイト管理人

作家・文芸愛好家。80年代サブカルチャーの大ファン。1998年よりWEB運営。車とパソコンが大好きな水瓶座。普段はぼーっとしたお母さんです。東欧在住。

目次
閉じる