PDFの無料サンプル(上巻・下巻) 試し読みする

創作における『悪』とは大人の事情

ウルトラマン VS ゼットン怪獣のように、問答無用の勧善懲悪は、子供には面白いが、大人にはまったく面白くない。

なぜなら、「大人には、大人の事情がある」ことを、普通の大人なら誰もが知っているからだ。

帳簿一つとっても、くそ真面目に申告していたら、こっちが損するだけ、というのは、ままある。

だから、子供が購入した絵本の領収書も、店の経費で落とすという裏技が存在したりする。

なんでも経費。

なんでも領収書。

建前上、ダメとされることも、「まあ、これぐらいならイイじゃないか。誰に迷惑かけるわけじゃなし」「1000円、2000円の小細工ぐらい、大目に見ろよ。世の中、10億だの100億だの、ちょろまかしてる巨悪が他にもいるでしょ。追徴課税するなら、そっちを締め上げろよ」みたいなところが『大人の事情』。

世の中、白黒だけでは回らないことを、大人なら誰もが知っている。

だから創作における『悪』も、ゼットン怪獣みたいに、情け容赦ないワルモノより、「なんか分かる」「私も同じことをやっちゃうかも」という側面を持たせると、人物が引き立つ。黒いものを黒と断罪するのではなく、なぜ黒くなったのか、黒にも言い分はないのか、そのあたりを丁寧に書くのが深掘りのポイントかと。

優良な裁判ドラマは、悪役の論理が非常に長けていて、途中で必ず主人公が不利になるものだ。

観る側も悪役の言い分に引き込まれ、「こんな理屈を持ち出されたら、頷かざるを得ない」という気持ちになるからだ。

そして、このままでは主人公が負けるかもしれないという危機感を持つ。

これがドラマ性。

三面、四面、組み合わせて、悪の側から見た『大人の事情』を描くと、物語が引き立つ。

闇の奥の大人の事情に光を照らし、「こっちの考えの方が正しいのかもしれない」と観る側を混乱させるほどの説得力をもたせること。

創作のコツに関連する記事
よかったらシェアしてね!

Kindle Unlimited (読み放題)

この作品を書いた人

石田朋子のアバター 石田朋子 サイト管理人

作家・文芸愛好家。80年代サブカルチャーの大ファン。1998年よりWEB運営。車とパソコンが大好きな水瓶座。普段はぼーっとしたお母さんです。東欧在住。

目次
閉じる