MENU
上・下巻の無料サンプルはこちら PDFを読む

意見するのに経験と資格が必要ですか? 意見は表明しなければ、存在しないも同じこと

意見するのに経験と資格が必要ですか? 第一人者のプライドと素人の疑問
海と恋の物語
海洋情報ネットワークを構築する為、業界の第一人者である企業の担当者を訪ねるが、君に意見する資格があるのかと突っぱねられ、面談は物別れに終わってしまう。専門家と素人の意見交換でありがちな「素人のくせに」は本当に問題解決に有効なのか。
目次

【社会コラム】 恫喝する専門家と黙り込む素人

SNSでも、「素人のくせに」という論調をしばしば見かけます。

専門家に疑問を呈したり、自分はこう思うと意見をぶつけたりすると、「素人のくせに」と不興を買うんですね。

しかし、医療人としての立場から言わせてもらえば、これは反論になっていません。

医学に素人な一般の患者さんが不安や不満を抱くのは当然のことで、これをいかに納得させるかが医学の専門家の力量です。

ビデオや模型を用いたり、お嫁さんではなく実兄さんに協力を求めたり、パンフレットを作成したり、患者さん向けの勉強会を開いたり。

間違っても、「医学の素人のくせに」などと言ってはいけません。

なぜこの世に専門家が存在するのかといえば、基礎の理論から体系的に学び、素人には想像もつかないような知識や技術を身に付け、精神的にも訓練されているからです。資格取得も修学も、自らの能力を社会に還元する為の手段であって、知識を持たない人にマウンティングする為に専門家を名乗っているわけでありません。

一般人にいちゃもんをつけられて、「素人のくせに」と切り返したくなる気持ちも分かりますが、それは非常に卑怯な言い草と私は思います。

なぜなら、疑問や不満を呈する一般人は、○○の専門家のように、基礎から学ぶ機会もなければ、現場を体験することもありません。でも、それは仕方のないことです。どこの世界に医学、工学、文学、社会学、等々、全てを知り尽くした人間がいるでしょう。「素人のくせに」とけなす人は、それを分かって言っているのだから、たちが悪いのです。

昨今は、皆が膝をつき合わせて心ゆくまで議論したり、一つの意見について熟考する機会がだんだん失われていますから、面倒になると「素人のくせに」と切って捨てたくなる気持ちも分からないでもないです。診察室でも、あまりにネチネチ絡まれると、「またくだらない健康番組を見て、しょうもない知識を詰め込んできましたね。後がつかえてるんだから、いい加減にして下さい!」と、ついつい声を荒げたくなりますが、それでも言ってはいけません。

何故って、私たち専門家は、正しい知識を普及し、自らの能力を社会に還元する為に、この道を選んできたのですから。

素人相手に、「素人のくせに」と返した瞬間、私たちは自らの職能を放棄したも同然なのではないでしょうか。(少なくとも医療の現場においては)

※ ついで言えば、素人の感覚を知ることは大事です。専門家が見過ごしがちなことに気付かされたりするので。

【小説】 「誰が」ではなく、何をすべきか

情報共有によって透明性を高め、社会の知的基盤を固めようと訴えるヴァルターに対し、少しずつ賛同者が集まる。

だが、海洋情報ネットワークを構築するには、既存企業や公的機関の協力が不可欠だ。

アステリアで最大の海洋技術会社ノボロスキ・マリンテクノロジー社を訪れたヴァルターは、情報管理の責任者であるフェレンツ氏と面談するが、この分野で第一人者を自負する氏は彼の提案を受け入れようとしない。しまいには口論となり、初めての面談は物別れに終わる。

このパートは『第三章・海洋情報ネットワーク』の抜粋です。作品詳細はこちら

ヴァルターはメイファン女史から一通のメールを受け取った。

今週金曜日、午後四時に海上安全局でプレゼンテーションが行えるかどうかの確認と、彼が訪問すべき企業や行政機関のリストが添えられている。

メイファン女史がピックアップしたヒアリング対象は五十箇所。それも事業所名や連絡先が羅列されているだけでなく、組織の役割や特徴、担当者名、アピールのポイントなども付記されている。「私も同じようなことを考えていた」という言葉は決して上辺ではなかったのだ。

それなら、メイファン女史以外にも同じ展望を抱く人が少なからず存在するかもしれない。ただ自身の立場や諸事情から問題提起する機会が無いだけで、誰かが旗を振れば、意外と後に続くのではないか?

しかし、メイファン女史が「第一に話すべき人物」としてノボロスキ社の情報管理部長フェレンツを挙げ、「アステリアで官民一体の海洋情報ネットワークを構築するならノボロスキ社の協力を欠かすことはできません。しかしながらオープンデータ・サービスとなると、有償情報の取り扱いを含め、ノボロスキ社は懐疑的です。だからこそ一番に話す意義があるのです。まずは率直にあなたのアイデアを伝え、謙虚な態度で先方の意見を聞いて下さい。否定的なことも言われるかもしれませんが、そこは穏便に」と書き添えられているのを見ると高揚感も醒めた。

元から無視や批判は覚悟の上だが、のっけからノボロスキ社のような大手に否定的な態度を取られては、いきなり暗礁に乗り上げたような気分になる。蓄積されたデータ量、品質、ノウハウにおいてノボロスキ社に勝る存在はなく、YESかNOかで同業者や他機関の印象も全く違ってくるからだ。

のっけから大物相手で気重に感じたが、実際に会って話してみれば、意外とあっさり協力してもらえることもある。『緑の堤防』の時もそうだ。専門家に助言を得る為に、何度不安な気持ちでドアをノックしたか分からない。最初のメールのやり取りは素っ気なくても、顔を合わせてみれば親切に教えてくれる人が大半だった。

彼はすぐ様、ノボロスキ社に電話して面会の予約を取り付けると、メイファン女史にメールを書いた。金曜日のプレゼンテーションはもちろんOKだ。何事も勇気をもって踏み出さなければ、次はない。

翌日、午前十時。

彼は第一埠頭のリージェント通りにあるノボロスキ・マリンテクノロジー社を訪れた。何度見ても『カモノハシ』にしか見えないシロイルカのオブジェがユーモアたっぷりに迎えてくれるが、今はそれを笑う余裕もない。

彼は正面の回転ドアから中に入ると、受付ブースで情報管理部長のフェレンツに面会の予約があることを告げた。

ノボロスキ社は三十年の長きに渡って、海中ロボットや海中通信機器の製作、造船、港湾施設や海洋構造物の設計を手掛けてきただけに、企業の情報資産として蓄積されたデータは膨大だ。とりわけエンタープライズ社と共同で手掛けたローレンシア海域の海底地形や海底鉱物資源に関するデータは機密性も高く、企業資産としての価値は計り知れない。

一方、トリヴィア政府の要請を受け、海水成分や塩分濃度、水温、波浪、潮流といった基盤的データを海上安全局や海運公社、港湾管理局など公的機関に提供し、アステリアの海洋政策に助言を与えることもある。

彼らはまた官民からなる産業振興会の中心的存在であり、海洋産業の牽引役でもあった。

今回、面談するフェレンツ氏は、長年データ管理に携わってきた幹部社員だ。イリヤ・ノボロスキ社長の甥で、三十年前、社員とその家族を丸ごと抱えてアステリアに大移動した際、旗振りを務めた古株の一人である。ノボロスキ社長に似て小柄な五十代後半の男性だが、カモノハシみたいなオブジェや派手なネオンサインを作って愉しむ社長とは異なり、チンアナゴのように細やかなタイプだ。それでもステラマリスでは倒産寸前だった会社を死に物狂いで再建し、業界一の優良企業に育て上げた自負とプライドも半端ない。

彼が応接ソファに腰を下ろし、ビジネスバッグから資料を取り出そうとすると、フェレンツは軽く手を振り、

「海洋情報ネットワークの話なら人づてに聞いたよ。プレゼンテーションの録画ビデオも見た。どういう経緯で動きだしたかは知らないが、勝手にあんな構想をぶち上げてもらっては困るよ」

とまるで自分たちが情報行政の目付役と言わんばかりの口調で言った。

「それは、俺のアプローチの仕方がお気に召さないということですか。それとも、海洋情報ネットワークのアイデアそのものに問題があるのでしょうか?」

するとフェレンツは大仰に両腕を組み、

「気に入る、気に入らないの問題じゃない。君のしようとしている事は越権だよ。すでに海上安全局や区政の情報サービスが十分に機能しているし、トリヴィア政府も海洋開発計画に基づいて観測システムの拡充を推し進めている。第一、君がそんなことを提案しなくても、我々でも似たようなサービスを構築する用意がある」

「ローレンシア海域に限れば、でしょう。俺が提案してるのは全海洋を対象とした情報共有ネットワークです」

「知ってるさ。だが、あれと同等のものを構築しようとすれば、現在の観測システムを基礎から見直す必要がある。それだけでも億単位の出費だよ? 第一、島もない、飛行機も滅多に飛ばない、ローレンシア海域の裏側の海象情報をリアルタイムに提供して、どんな利益が得られるというんだ。もちろん、その科学的意義は認めるが、他に優先されるべき事はたくさんある」

「今すぐ必要なくても、将来を見据えて準備を進めることは決して無駄ではないはずです。それにローレンシア海域の裏側は何も無いように仰いますが、それはただ単に調査が入ってないだけで、精査すれば意義深い自然現象が幾千と見つかるはずです。その中には、アステリアの気候や海象に大きな影響を及ぼすものもあるはずです」

「そんなことは君に言われるまでもない」

「ですから、その可能性や必要性を広く世に知らしめる為に、一般人でも手軽に参照できるオープンデータシステムを作ろうと提案しているのです。アステリアに対する関心が高まり、海洋調査の需要が増えれば、貴社にとってもプラスに働くのではないですか」

「そんな単純なものではないよ。需要が増せば、うちでカバーできない分は他に回る。新規参入が増えれば、過当競争を引き起こす恐れもあるだろう。今でさえ分野によっては顧客の争奪戦だ。何でもプラスに働くわけじゃない」

「だとしても、ここで一番実績を上げているのは貴社ですし、海洋産業が活性化すれば、いっそう注目を集めるはずです」

「わたしが危惧しているのは情報の価値が蔑ろにされることだよ。君は既存のデータサービスを取り込んで、官民一体型の公的ネットワークに再編しようというのだろう。今でも十分機能しているものを解体し、何でもかんでも無償で差し出せという訳だ」

「プレゼンテーションの質疑応答でも同様の声ありましたが、民間企業が蓄積したデータを無料(ただ)で寄越せという話ではありません。原則として、ネットワークで提供されるデータは提供者自身が管理しますし、ショッピングカートを用いた有償情報の売買サービスも検討しています。またデータ提供は義務でも強制でもありません。機密性の高いデータや、資産価値のあるものまで無理に公開する必要はないのです。ただ、公共の利益のためにご協力を願えないかと申し出ているのです」

「それで君がイニシアチブを取る理由は何だね」

「誰も手を挙げないからです」

彼が臆面もなく答えると、フェレンツも鼻の穴を膨らませ、

「それなら専門家に任すんだね。君は潜水艇のパイロットだろう。海に潜るのが専門で、調査分析やデータ管理は職能にないはずだ。それとも、前にこういう仕事を手掛けた経験があるのかね」

「経験がなければ、やってはいけませんか?」

「経験とは信用だよ。そして、君には信用に足る実績も資格もない。突然やって来て、『あれも出来ます、これも出来ます』と大風呂敷を広げられても信用のしようがない」

「そうかもしれません。しかし、現場の隅々まで知る者が何の問題意識も持たず、問題に気付いても指一本動かさないなら、新人だろうが素人だろうが、自ら動くしかないでしょう」

「君の考えは立派だが、全ての企業がこういう事に快く賛同するとは思わないで欲しい。だいたい企業の情報管理に携わったこともない人間に何が分かる? 君は何にも属さないから、いくらでも無責任なことが言えるんだよ」

「どういう意味です」

「組織の中で一度でも責任のある仕事に就いた経験があるなら、おいそれと企業の利益を損なうようなことは口に出来ないという意味だ。自分の帰属する社会や組織に何の責任も感じないから、平気で他者の価値観や慣習を変えようとするんだよ。企業が何年も遵守しているルールをね。まったく、マクダエル理事長もメイファン部長もどうかしてる。部外者の意見を祭り上げるなど」

「つまり、あなたにとって一番の問題は『俺』というわけですか?」

「そんな事は言ってない」

「でも、そのように聞こえます。仮にこれがマクダエル理事長やメイファン女史の提案なら、素直に耳を傾けるのではありませんか」
するとフェレンツはむぅと口を尖らせ、

「わたしの合点が行かないのは、採算が取れるかどうかも分からない情報サービスに、なぜ企業の情報資産まで提供しなければならないか、ということだ」

「ですから、何度も申し上げているように、海中ロボットの設計図や資源調査のデータまで、何でもかんでも差し出せという意味ではありません。

たとえば、ノボロスキ社では一八五年七月、ローレンシア海域から五千キロ離れた巨大海底峡谷でかなり詳細な海底地形調査を行っていますね。トリヴィアの地学研究グループに依頼された学術調査です。

だが、その時は地形の把握のみに止まり、それ以降、精査は行われていません。

けれども『ノボロスキ社が一八五年に巨大海底峡谷を調査した』という事実が、十年後も、二十年後も、誰もが知り得る情報として検索できれば、いつか、それを必要とする人の役に立つかも知れません。

将来的には、大きな科学的発見に繋がるかもしれないのです。

そういう古くても汎用的な情報、今は特に使い途がなくて眠っているような情報を、社会資源として有効活用できないかと提案しているのです。
もちろん、すべて無償とはいいません。ここから先は有償と制限を設けて下さればいいのです。

それでもノボロスキ社の企業活動を損なうとお考えですか」

「そんなのは理想論だよ」

「確かに理想論かもしれません。しかし、何のビジョンも無いまま、特定の企業だけが調査や開発を推し進め、社会資源を独占しても、全体に何の益ももたらさないのではないですか」

「話をすり替えないでくれるかね」

「俺は事実を言ってるんです。ステラマリスでも、科学調査を阻む理由はたいてい縄張り争いです」

「ここはステラマリスじゃない」

「でも海に必要なことは同じです」

「君の考えは立派だが、すべての企業や組織がこういう事に快く協力するとは思わないで欲しい。提供される情報が乏しければサービスは空回り、利用者が少なければ維持費も回収できず、大赤字を出す可能性も大だ。言い出しっぺの君の立場も悪くなる。それでもやりたければ、どうぞ」

彼は黙って立ち上がると、上面で礼を言って部長室を後にした

【リファレンス】 意見は表明しなければ、存在しないも同じこと

ハリウッド映画など観ていると、若くて野心的な主人公が相手構わず噛み付いて、激しい口論になる場面がよく登場します。

これってドラマの中だけだよね……と思っていたら、現実にもそうです。

空気に理解を求める日本とは大きく価値観が異なります。

意見を言う=自己主張と思い、遠慮する人も多いですが、自己主張と意思の表明は違います。

自己主張とは、とことん自分の意見を押し通し、間違いも認めず、相手にも譲らないことです。

意思の表明は、自身の考えや気持ちを明らかにして、相手に伝えることです。自己主張と異なるのは、間違いを正したり、相手に譲歩する器があることです。

海外では、子どもが幼い頃から、YESかNOか、意思表示することを求めます。

食べたくないなら、食べたくない、遊びたくないなら、遊ばない。

YESかNOか、答えそのものに意味があるのではなく、自身の意思を表明することが大事なんですね。

遠慮して物を言わない人は、意思の表明よりも、結果重視なのかもしれません。

自身の考えや気持ちより、結果に意識が集中してしまい、ついつい先回りしてしまうのでしょう。

「パーティーに行きたくない」という本音より、「パーティーを成功させなければならない」という結果重視なんですね。

しかし、「最初に答えありき」という考えは、個人の尊厳を蔑ろにするものです。

そのあたりが、イジメや自殺の多い理由の一つかもしれません。

Kindle Unlimited (読み放題)

意見するのに経験と資格が必要ですか? 第一人者のプライドと素人の疑問

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事を書いた人

家・文芸愛好家。80年代サブカルチャーの大ファン。科学番組の全盛期に子供時代を過ごした影響でSFを書いています。モットーは『Newtonから月刊ムー』まで。かつて宇宙を夢見た少女は深海に魅せられて海洋科学の転向しました。今でもハヤブサより、しんかい派です。

目次
閉じる