【社会コラム】 鉱業権と鉱業 ~ライセンスありきの採鉱

現実に鉱物資源を採掘するにあたって、一番問題になるのは『鉱業権』でしょう。

鉱業権の仕組みは国それぞれに大きく異なり、日本のように先願主義の国もあれば、鉱区の所有者である国から譲り受ける、リース権という仕組みが布かれている国もあります。

また、一度鉱業権を取得したからといって、永久に自社のもの、といういわけでもありません。

鉱業権には数年から数十年の期限が定められており、「探査ライセンス」「生産ライセンス」と内容によって権利も分類されています。

また、権利の取得には、資本、技術、実績なども大きく問われ、一度、権利を取得したからといって、実際に何の操業も行われなかったり、申請内容と全く異なっていたり、経済的に行き詰まるような問題があれば、鉱業権も停止されます。

一方、鉱業権を認可する側にも問題はあり、紛争地帯のように、まともな行政が機能してない場合は、賄賂が横行したり、一部の思惑で鉱業法が変えられたり、必ずしも公正に管理されているとは限りません。

本作では、鉱業権を抱き込んで、邪魔者を徹底的に排除する大企業の横暴が描かれています。

もちろんフィクションですから、デフォルメもありますが、あながち創作ともいえない部分があり、そうした噂は、石油、ダイヤモンド、天然ガスなどで聞き及んでいる方もあるでしょう。

ここでも腐敗の構造を変えるのは海底鉱物資源という新たなリソースであり、海上プラットフォームという完全自動化された採鉱システムです。

何故そうまで海底鉱物資源の採掘に拘るのか……という理由は、全編を通して繰り返し説明しています。

【小説】 鉱業の暗黒史と将来の不安

採鉱システムのプロジェクト・サブリーダー、マードックから設計図を受け取ったヴァルターは、プリントアウトする為に総務部に足を運ぶ。
総務部長で、マードック夫人のカリーナは彼の印刷を手伝いながら、原稿の鉱業法やニムロディウムをめぐる鉱業寡占の暗黒史について語って聞かせる。
アル・マクダエル理事長が老齢になれば、誰が現場を支えるのかと危惧するカリーナに対し、ヴァルターはファルコン・グループの一党支配の対抗策として、海洋情報ネットワークの構想を口にする。
カリーナは「すぐに理事長に話すべき」と勧めるが、これ以上、関わりを持ちたくないヴァルターは逃げるようにその場を後にする。

【リファレンス】 国家も揺るがす鉱業の影響力

どこの国も、鉱業には暗い噂がつきまといます。

こちらは、鉱業がいかにオーストラリアを形作ったか、というドキュメンタリーの予告版です。

こちらは、世界的に有名な採鉱現場。文明社会は、地球表面にボコボコに孔をあけるシロアリのよう。
我々の近代的な生活が物質を必要とする限り、鉱業も終わりません。
地球の鉱物を取り尽くしたら、次は宇宙です。ほんとに。

オーストラリアといえばオパール。あの美しい宝石がどこから来るか、驚愕の採掘現場です。
本作に登場するフランシス・メイヤーは、オパールをはじめとする宝石ビジネスでトリヴィア政府やファルコン・グループと繋がりを持ちます。
後妻が世界的な宝石商の娘、という設定です。

『鉱物と地学』に関連する記事

この記事を書いた人

石田朋子

作家・文芸愛好家。80年代サブカルチャーの大ファン。科学番組の全盛期に子供時代を過ごした影響でSFを書いています。モットーは『Newtonから月刊ムー』まで。文芸とサイエンスを融合した新しいスタイルの作品を手掛けています。

運命はただ試すだけ

海洋SF MORGENROOD 《曙光》

上・下巻ともKindle Unlimitedにて配信中。
メンバーなら課金ゼロで読み放題です。
購入された方には読みやすいPDF版を無償で差し上げています。お気軽にチェックして下さい。